• HOME
  • ISRAEL イスラエル

CATEGORY

ISRAEL イスラエル

1972年、カリフォルニア大学デイビス校の醸造学教授コルネリウス・オウフがイスラエルを訪れ、その調査によってゴラン高原がブドウ造りに最適な土地と気候を持つと指摘しました。1976年に最初の葡萄の樹が植えられ、1983年にゴラン・ハイツ・ワイナリーが創設されます。
1987年には、彼らのヤルデン・カベルネソーヴィニヨン1984年が、ロンドンで行われたコンクールで金賞を受賞。その後、新世界の栽培・醸造技術によって造られたイスラエルのヴァラエタル・ワインは、世界でその高品質を知らされることになります。
80年代は少数の大規模生産者の寡占状態が続き、高級ワインには必要な「趣味性」に乏しいワインが多かったのですが、90年代に入り、イスラエルのワイン産業が成熟を遂げ、小規模なブティック・ワイナリーのブームが起きました。
ゴラン・ハイツ・ワイナリーの成功に刺激を受けた若い醸造家たちが、それに並ぶワインを造ろうと小さなワイナリーを創設しはじめたのです。彼らは、最先端の栽培、醸造技術を使いこなし、最良のクローン・台木を選び、様々な品種を試していきました。
ブティック・ワイナリーの先駆けは1989年創設の、深みのある濃厚なボルドータイプのワインで知られるマルガリットや、1992年がファーストヴィンテージのイスラエルの高級ワインの代名詞ドメーヌ・デュ・カステルなどで、これらのワインは海外でも高く評価され、高価格で取引されるようになりました。
表示順 : 
表示件数:1~15/15